外資系企業で働こう!

外資系の会社で働く魅力

外資系の会社といっても会社によってはほとんど社員が日本人というケースもありますが、なかには日本人の数が少ない場合ももちろんあります。一般的に外資系の会社で働くサラリーマンは日本企業で働く場合と比べて高い賃金が支給される傾向にあります。年功序列の賃金形態ではなく自分の実力で勝負したいと思っている人や、世界の人達に対して自分が働くことで価値提供したいと思っている人には適しています。
また、責任あるポジションを任せられたり昇進することで外国において働くというキャリアパスも開けてきます。
社内の風通しが良く国内企業と比べると組織がフラットな傾向にあるので仕事をするうえでコミュニケーションが取りやすいことが多いです。

外資系の会社に転職する前には準備しましょう。

外資系の会社に転職する場合には国内の会社に転職するときと比べて少し違った準備の仕方をする必要があります。例えば、転職希望者のことを推薦してくれる人を2人から3人求められるケースがあります。職務経歴書と履歴書は日本語と英語両方のものを作成する必要があります。もし英語で履歴書などの書類を作ることが難しいと感じるようなら専門の会社にブラッシュアップしてもらうこともできます。外資系の人材紹介会社に相談することでそこに勤務する外国人がそれらの書類を編集してくれることもあります。
採用の過程で面接を受けることが多くの会社でありますが、英語の発音に完璧さを求めるよりも何を成し遂げたのかをわかりやすく話した方が良いです。書類の作成と面接対策の両方に多くの時間を費やして準備するとよいです。