自分に向いている企業を選ぶには?

企業はこう選ぶとよいですね

外資系の会社に転職したいけど英語ができないという悩みを抱える必要は無いです。職種によっては英語が必要な場面もありますが、それよりも現在勤めている会社でどういった貢献をその会社にしてきたかを面接官にアピールした方が良いです。
自分の持っているネットワークを活かして良さそうだと思っている会社の情報を集めるとよいです。生の情報を聞くことで企業の選び方の基準が自分の中で変わる可能性が十分あります。
とは言っても、基本的に未経験採用はよほど若くなければ企業はやっていないので、経験のある職種に応募することになります。もしくは経験のある職種に類似した職種にターゲットを絞ることで次へのステップとなることが多いです。

他人の意見も聞いてみよう

転職回数が多いと基本的に印象が悪くなるので、転職は慎重にした方が良いです。だからこそ日頃の付き合いのネットワークを少しだけ飛び越えて人材紹介会社の人たちに会ってみるのは面白いと思います。もちろんコンサルタントは転職市場のプロなので自分の悩みを包み隠さず相談することができます。
自分が働いている会社の業界のことや、その業界の外資系企業の求人動向に関して詳しく話を聞くことができます。それらの情報を元に同じ職種のまま違う会社に移籍することだって可能です。
外資系企業の場合は英語での面接があることが多いのですが、企業によっては日本人が面接官で日本語の面接が行われることもあります。もちろん英語関連の資格試験も受験しておけば意欲が買われることもあります。

英語で履歴書を作る際は自身の英語力を示すだけではなく、正しく簡潔に文章を纏めて書類の作成にも精通していることをアピールすることが大切です。