相場は知っておきたい!外資系に大切な特徴と給料

英語面接に関する重要なこと

外資系企業に就職する際には英語での面接が避けられないばかりか、業種によっては英語でのプレゼンテーションまですることがあります。英語は日本語と比べてカジュアルな言い回しができる言語だと考える人がいますが、ある意味でそれは間違いです。英語にも丁寧な言い回しというのはもちろん存在するので、面接当日までに準備しておくとよいです。また、言い回し以外にも相手の名前を意識して呼ぶようにすると上手に面接官とコミュニケーションが採れる確率が上がります。
外国人との面接の際には特に発音に気を付けた方がよいですが、聞かれることは特に日本の企業に転職するときと変わらないこともあるので、とりあえず志望動機や何を成し遂げたかは英語であらかじめ言えるようにしておくと良いです。

外資系企業はこう選びましょう

外資系の会社に転職する際にもリスクはつきものです。収益を上げていても日本から撤退する可能性があるからです。本社の意向で日本撤退となればまた仕事先を探すことになるので大変です。そういった事情は個人では調べようがないので、転職を意識しだしてからでも人材紹介会社のスタッフと交流しておいた方が無難と言えます。エージェントはそれぞれ得意分野があるので履歴書をそういった会社に登録しておくとよいです。紹介会社のスタッフと面談することで転職先として候補に挙げている会社のウェブサイトではわからない情報を得ることができます。
なるべく多くの情報を掴んでおいた状態で自分のスキルを活かせそうな会社を選んだ方が賢いと言えます。

外資系企業や、海外展開している企業の就職試験を受ける時、特に、その仕事が英語を必要とする場合に英語で面接を受けることがあります。面接の内容は日本語の時と同じですが、英語で会話します。